民事

民事事件とは、いわゆる民間人の間で起こった事件を扱う物で、相続問題、離婚問題、交通事故や保険対応等がそれにあたります。
民事の場合、当事者同士では話し合いで決着がつかなかったり、報復されたりする事も多いために弁護士が必要なのです。
適当な対応を取っていれば、それだけ自分が不利になってしまう事も考えられます。… Read more

刑事

刑事事件とは、いわゆる犯罪を犯した人を弁護する仕事になります。
犯罪者にどうして弁護士がと考えてしまう事もあるかもしれませんが、ここで弁護士をつけるのは一方的に犯罪者の罪を軽くする為ではありません。
警察が不正をしたり、証拠のでっち上げをしていないかどうかを判断し、立ち向かい冤罪を消す為に弁護士は存在しているのです。
警察や検察に立ち向かえるだけの権力を持っているのは弁護士しかいません。
離婚問題や交通事故のような民事事件意外にも、このような案件も扱う事があります。
Read more

事故

突然巻き込まれる、時には加害者になるかもしれない交通事故ですが、これにもし合ってしまった時には弁護士が必要になる事があります。
まず、交通事故を起こせばそれは自賠責保険によって賄われます。
自賠責保険と言うのは、日本で車両を運転する時に必ず必要となる保険の事を指しています。
これがなければ日本で車両を運転する事は出来ないようになっており、強制保険とも言われています。
しかし、この保険ではいくら弁護士がついていようがいまいが支払額に限度があります。
これを補う為に入るのが任意保険です。
この任意保険はその名前の通り任意となっていますから、入る入らない、またサービス内容は人それぞれで異なります。… Read more

別れる

夫婦になった人が別れる為には、離婚をしなければいけません。
これはただ用紙に記入して出すだけでは無く、しっかりと財産分与だったり、どちらかが悪いのならその慰謝料の支払いが必要になります。… Read more

オススメリンク
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー